2017/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


 

 

 

 

 

 

家でもくもくと作業していたら、急に「つまらないー!」モードになり

 

 

「どうするべか」と考えて、雑誌なんかのきれいな写真を切り抜くことに没頭しました。

 

 

そのおかげで、だいぶすっきりしました。

 

 

ずいぶん安上がりですが、結果がすぐ目に見えるものはストレス発散になりますなあ。

 

 

明日もがんばろう。おやすみなさいませ〜♪

 

 

http://cuorelife.net/

 


 

 

 

 

 

 

↑こないだ読んでて止まらなくなったのは、この本でした。

 

 

自閉症の東田直樹さんという人と精神科医の山登さんの往復書簡なのですが

 

 

それぞれの文章が面白い上に、一対一で語り合っています。

 

 

語り合う本で面白いのって、実際あまりないと思うのです。

 

 

賢い者同士、わりと考えの近い人同士が、「そうだよね〜」と言いあってる印象が・・(ちがうかな?)

 

 

でもこの本は、もう、真剣に、やりあってて、スリル満点なのです。

 

 

どうして「スリル」かというと、「わー、私だったらこういうすごい手紙をもらったら何て返事書くだろう?」

 

 

と毎回思うからなのです。

 

 

お二人とも難しい言葉は使わず、特に東田さんの言葉は分かりやすくて、懐かしい透明感のある感じで

 

 

磨かれた大きい窓からこの世を見るような気持ちになります。

 

 

めっちゃ寒いし厳しいけど、美しい景色が広がってる感じ。

 

 

しかも、この本、ちょうどいい厚さ、ちょうどいいページ数、ちょうどいい字の大きさと配置と余白、

 

 

持ちやすく重すぎず、めくりやすい(ハードカバーじゃないので)。

 

 

そういう方向からも感動しました(笑)

 

 

それにしても「大いに語る」って、こういうことだったのかー。

 

 

目からウロコの本でございました☆

 

 

 

http://cuorelife.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

マスキングテープは数あれど・・・

 

 

じつはこの柄がいちばん登場回数が多い。

 

 

どんな柄の包装紙でもしっくりくる。

 

 

名脇役ですなあ。

 

 

家の中で過ごすとき、足元をうんと暖かく(ルームソックス的なもので)して

 

 

手袋(指は出てて手首はしっかりカバーしてるもの)をしてると

 

 

ストーブをつけなくてもあったかく過ごせることに気づきました(当社比)。

 

 

それで、何年も前から気になっていた、指のところがほつれてた手袋の補修をしました。

 

 

ちょっと不格好だけど、とりあえずこれでヨシ・・

 

 

いろいろ補修する1月です。

 

 

http://cuorelife.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

年末、ふと気づくと左足の薬指がだいぶ腫れていました。

 

 

なかなか腫れが引かないので、これが指の骨折なのかと思いつつ

 

 

毎日痛いのを確かめていました。

 

 

お正月の間も引かなかった腫れが、最近ましになっている!

 

 

腫れている間は、治らないような気分になっていたので、妙〜に感動しました。

 

 

時間は確実に流れているのだ・・自分も周りも、どんどん変わっていく。

 

 

と、身をもって確認できたような。

 

 

こういう、体のちょっとした不調が治ると、少しだけ寂しい感じがする。

 

 

腫れていた時がちょっとだけ懐かしいような?

 

 

悩むときはとことん悩んで、ひつような時間をかけて乗り越えたら

 

 

悩みも懐かしい思い出になるもんなあ。

 

 

生きてみないと分からないことだらけだ。

 

 

明日もがんばろう。

 

 

おやすみなさいませ〜♪

 

 

http://cuorelife.net/

 

 

 


 

 

 

 

 

外はひょうが降ってきたようです・・・

 

 

寒い!しかし、空気が澄んでる方が好きなので、暖房関係を極力抑えております。

 

 

秋山羊子さんが、来月東京から来てくれて一緒にライブをするので

 

 

フライヤーを作っています(上のは、表の面)。

 

 

こないだ、レッスンの空き時間にスターバックスで本を読んでいたら、

 

 

ものすごく集中して読めました。

 

 

ものすごく面白い本だったということもありますが

 

 

ふと、家の中でも、こういう集中しつつリラックスできる空間を作れないものかしらん?

 

 

自分の居場所、自分で作れなかったから、あかんやろう!と思い立ち

 

 

ふだん使ってなかったソファー的な椅子と、CDデッキ置きになってたテーブルを組み合わせて作業してみたら、

 

 

わりといけた・・・!

 

 

西の窓を背にしたので背中もあたたかい。

 

 

最小限、暖房として足元に小さいヒーターを置いたら、集中して作業できる〜!

 

 

こんな簡単なこともなかなか思いつかないのは問題であるが、

 

 

しかし、嬉しさの方が勝っている!!

 

 

これからも極小の発見をしていきたい。そう固く決心しました・・(大げさ)

 

 

さて、ストレッチして、後半もがんばろう〜☆

 

 

http://cuorelife.net/

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

来ました!寒波が大阪にも・・

 

 

ここまで寒いとシャキ―ンと気持ちも引き締まって

 

 

悩みも吹き飛ぶ感じでした。

 

 

悩んでる場合ではない!とにかく暖を!!

 

 

去年、ヤフオクで服を買う、ということを試してみまして(私は古着大丈夫なので)

 

 

思ったより厚手だったけど、思いのほか暖かいセーターを持っているのですが

 

 

昨日、いよいよその「超厚手ロングセーター」を解禁、押し入れから出して着ています。

 

 

今日は寒かったけど、「このセーターのあったかさ、すごいな!」と感心してたので

 

 

家を出た時はプラスマイナスゼロ、みたいな感じでした。

 

 

でも、歩いてる時はいいのですが、電車のホームでただ立ってるのがものすごく寒い。

 

 

ポンチョのフードをかぶっても、風が突き刺さってくるようです。

 

 

やっと電車に乗って7人席にちょっきり7人座ると、みんな厚手の服を着てるので

 

 

おしくらまんじゅうしてるみたいで面白いし、暖かさ倍増である。

 

 

そして電車の窓から見える空の色がいつもよりドラマチックである!

 

 

冬はやっぱり寒くなくては締まらない。と思って

 

 

明日も早いけど、がんばろう〜〜〜(涙)

 

 


 

 

 

 

 

 

「この世界の片隅に」の漫画本を、ある方からお借りすることができまして

 

 

夢中で読んでおります。

 

 

ひゃ〜〜〜この方の漫画は、ほんまにすごいなあ。

 

 

アメリカ映画の、矢継ぎ早のトンチの効いた(?)セリフもいいけど

 

 

日本語の話し言葉の、豊かさがここにあった・・・

 

 

それを文字で読める幸せよ。

 

 

ありがとうございます。おやすみなさいませ〜♪

 

 

http://cuorelife.net/

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

お笑いが好きなのに、1か月以上過ぎて、やっと「M-1」を見ました。

 

 

優勝した銀シャリは、二人がただ喋ってるのをずっと聞いていたいなー、終わってほしくないなーと思う漫才でした。

 

 

面白いなあ!と思う漫才はたくさんあったけど

 

 

終わってほしくないなあ、と思うのは究極の幸せではないかしらん。

 

 

漫才に感動するなんて〜〜と、二重に感動してしまいました。

 

 

最近の元気の素は、バーブラストライサンドと、漫才です。

 

 

明日もがんばろう。おやすみなさいませ〜♪

 

 

http://cuorelife.net/

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

こないだ、モノレール文庫でよしもとばななの本が置いてありました。

 

 

なんとなく借りた方がいい気がしたので借りて

 

 

ほぼその日一日で読めたのですが、とても中身の濃い、私にとって目新しい名言がたくさん入ってる物語でした。

 

 

そしたら、次の日、とてもショックなことがあって

 

 

「これはどうやって立ち直ったらいいのかー・・」という一日だったのです。

 

 

雨の中しょぼくれて歩きながら、ぼんやり昨日読んだ本の名言が常に浮かんでいたのですが

 

 

今思うと、藁にもすがる思いの「藁」になってくれていました。

 

 

今はもう、「あんなことをされたら、このような気分になる」という経験をした、

 

 

という、平らかな気持ちになっていますが

 

 

考えたらあの日は、沢山の人に親切にされた、とても幸せな日でした。

 

 

よしもとばななの本の中で印象的だったひとつの文章は

 

 

「何か大きな動きがあるときは、いいことと悪いこと、半分ずつ起きる」

 

 

みたいな意味の文でした。

 

 

ちょっとうろ覚えですが・・むむ〜〜もう一回確認した方がいいかもしれない。

 

 

とにかく、私は、とても大きな動きを起こしているのかもしれない。

 

 

まったく実感はないですけど!(笑)

 

 

生姜はちみつ飲んで、寝よう〜。

 

 

おやすみなさいませ!

 

 

 

http://cuorelife.net/

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

昨日、こどものレッスンで気づいたことを、ずっと考えていました。

 

 

子ども向けの教本の曲を使うと、知らず知らずのうちに、私が思考停止になっている。

 

 

自分が弾いてみて、「この曲について学びたい」と、基本的に思えていないからだと思う。

 

 

自分が「簡単に弾けてしまう」と思ってしまっているので、その場所からの働きかけになってしまう。

 

 

そして、思考停止しているときに「今、自分は思考停止してるな」と気づくことは、めちゃんこ難しい。

 

 

あと、生徒は、私が私なりに楽しんだり研究したりしてる隙に

 

 

勝手に成長する。

 

 

私が生徒を引っ張って、思い通りに生徒が成長するなんてことは、ない、絶対ない。

 

 

(思えば、私だってずっとそうだったなあ。)

 

 

面白い、ほんとうに面白い。

 

 

少しだけ雲が晴れて、まっさらな空が見えてきたような気がする。

 

 

おやすみなさい。

 

 

http://cuorelife.net/