2018/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


PAP_0586.JPG

 

 

 

 

昨日、「消費者」って言葉はいつできたんだろう?

 

という問いかけをFacebookにも書いてしまったのですが

 

なんと、お答えをいただきました!

 

西 周(にし あまね)さんという明治時代の啓蒙家が「消費」という言葉を作ったそうだ・・

 

(Wikipediaにも載っていました)。

 

そして、消費者という言葉から派生して、友人が「秋岡芳夫」さんという

 

とっても素敵な方がいたことを教えてくれました。

 

そして、別の方から、秋岡芳夫さんの息子さんは、秋岡陽さんという方で

 

音楽学者で教育学者なんですよ、ということも教えていただいて大感激。

 

好奇心が刺激されまくりではないですか・・!

 

 

ところで、ふとしたきっかけで小野美由紀さんというライターの方の文章で

 

たくさんの方に共感を得ている記事を見つけました。

 

「批判は人を育てない」 → https://note.mu/onomiyuki/n/na23fa1e2355c

 

私は文章を読むのが基本的に好きなのですが

 

この文章はなぜか、読み進めにくかった。

 

どうしてかな?と考えると、この方が過去に辛い思いをしたことが書かれてあって

 

その痛みがまだ全然癒えてないように感じたのです。

 

だから、そこに100%共感できないと読み進めにくい。

 

でも一応がんばって読んでみたのですが、私が読んで思ったのは

 

「小野さんが駆け出しの頃に、編集者の心無い言葉によってトラウマを受けた。

 

それは本当だと思う。

 

だけど、その経験をもとに、世の編集者やクリエイターに『批判は人を育てない』

 

と断言するのは、なんでだろう?」

 

・・・ということでした。

 

『批判は私を育てない』『批判は小野美由紀を育てない』というタイトルだったら

 

もともと小野さんの文章を好きな読者が「そうか!この魅力ある文章を引き出すには、そんな秘訣が・・」と

 

正しく受け取れると思うのですが

 

『人を』って言ってしまったら、もともと「批判されたみたい・・気が晴れない」とモヤッと思ってた人が

 

乗っかって共感して、もう〜〜〜〜、ややこしい!(と、Twitterを見ていて思いました)

 

小野さんが今魅力的な創作をされてるなら、それはほんとうに「批判は私を育てなかった」んだけど

 

批判という言葉の意味はもう少し考えないといけないし、

 

共感した人の人生については、それぞれ前後のストーリーをよく読まないと、分からないと思う。

 

人生は長編の物語なのだからして。

 

それに、駆け出しの小野さんに心無い言葉をかけた編集者さんは

 

『会うなり開口一番「100万部売れる本を書いてください!」と言った。』

 

・・・そもそも、こういう人なのですぞ。むむ?雑な依頼だな、と思った。

 

こんな依頼をする人が、ライターの文章を「面白くない」という言葉で片づけるのも、意外ではなかった。

 

だから、小野さんのこのエッセイ(これしか読んでいないので)に関しては

 

あまり魅力を感じなかった。赤裸々に書かれているので、一定数の読者を獲得しているだろうとも思った。

 

ただ、この文章に、今をときめく「しいたけ占い」さんも共感してリツイートしていたのです。

 

残念でした・・・今をときめく、しいたけ占いさん。読むと自分の機嫌が良くなるから毎週読んでいたけど

 

そういえば確かにいつも褒めてくれる。褒めどころのツボをよく心得ている!(笑)

 

今までお世話になったし好きだったけど、これからは読むのやめよう。

 

ファンの方はとても多いので、私ひとり読むのを辞めるのは世界的にさほど影響もないだろう。

 

私はその、「さほど」の位置にいよう。

 

そう思いました。

 

 

 

こんなことを考え続ける日々のすべてが、ライブ(とミニ本)に繋がっているわけです♪

 

次のライブは、ワンマンライブです!

 

 

 

****ライブのお知らせ********************************

 

 

◆3月16日(金)  寝屋川 クロスロード

時間 | 19:00 open / 19:30 start

料金 | 2000yen+order

出演 | O.A 不二 未知世 / 井波陽子
場所 | A's Bar CROSS ROAD

       大阪府 寝屋川市東大利町12-25 2F

       Tel 072-801-7788           

       京阪電車「寝屋川市」南改札口から徒歩5分。ベル大利商店街の中にあります(左側です)。               

       

       以前お世話になっていたクロスロードさんで久しぶりにライブが決まりました。      

       優しいマスターと音楽好きなお客様が集うお店です。

         オープニングアクトに、不二 未知世さんを迎えて      

       電子ピアノで、ワンマンライブです♪  

      

***********************************************

 

 

http://cuorelife.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


comment