2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


PAP_0602.JPG

 

 

 

 

(↑湖北の田んぼでランチ中の白鳥)

 

 

NHKで、落語ザムービーという番組があることを最近知りました。

 

知ったところですが、第二シリーズが終わったところだそうです・・

 

ガビーン! 何でも知るのが遅すぎる。

 

でもこの番組を見て、すごいなーと心底思いました。

 

一流の落語にぴったり合わせて、役者さんが演技していて

 

声は落語家、見えるのはお芝居、という斬新なドラマなのですが

 

落語という、それだけで完結してるものにお芝居を付けても

 

落語を邪魔せず、余計なものにもなってない不思議。

 

役者さんのお芝居が、ただ素直に面白くて、落語より、間口が広い。

 

そして、終わったあと、落語ってやっぱりすごいなあ、久しぶりに落語観に行ってみようかな、という気になる。

 

落語というものがそもそも素晴らしいので、役者さんやスタッフの人がリスペクトしまくって

 

出来た番組のような気がする。

 

いわば、落語のPVみたいなものだなあと思ったのですが

 

ふと、音楽のPVも、こういう作られ方のものがあったらいいなあと思いました。

 

なんとなく、私は音楽のPVって、音楽の説明に見えたり、やりたいことやってて楽しそうだな、と思うことが多くて

 

売れてる人ができる贅沢のひとつ、とどこかで思っていました。

 

(そういえば、小川美潮さんの『4to3』は落語ザムービーみたいな感動だった。)

 

音楽が素晴らしく、それに刺激されてすごく良い映像が生まれた。

 

それを見たら想像力がリフレッシュされて、また音楽だけを聴きたくなった。

 

みたいな、そういう音楽と映像の関係がいいなあ〜。

 

憧れるけど、私ができることは音楽を少しでも良いものにすることだな。

 

と、自分の足元を見つめました。

 

上沼恵美子は、よっぽど好きなアーティスト以外は、演奏してるのを見てるだけのコンサートは飽きるらしい(笑)

 

照明とか、演出がバリッとしてるのがいいんだって。

 

上沼さんのような人に、「演奏だけでも飽きへんかったわ!」

 

と思われる演奏がいつかできたらいいなあ(上沼恵美子基準)。

 

それにしても、落語ザムービーの役者さんは演じてて楽しそうだった。

 

落語という、最高に洗練されたシナリオを演じられて、

 

難易度が高いことも含めて、血沸き肉躍る仕事だったのではないかな〜。

 

観ている方は、ただただ幸せなひとときでした。ありがたや!

 

 

 

****ライブのお知らせ********************************

 

◆3月16日(金)  寝屋川 クロスロード

時間 | 19:00 open / 19:30 start

料金 | 2000yen+order

出演 | O.A 不二 未知世 / 井波陽子
場所 | A's Bar CROSS ROAD

       大阪府 寝屋川市東大利町12-25 2F

       Tel 072-801-7788           

       京阪電車「寝屋川市」南改札口から徒歩5分。ベル大利商店街の中にあります(左側です)。               

       

       以前お世話になっていたクロスロードさんで久しぶりにライブが決まりました。      

       優しいマスターと音楽好きなお客様が集うお店です。

         オープニングアクトに、不二 未知世さんを迎えて      

       電子ピアノで、ワンマンライブです♪  

      

***********************************************

 

http://cuorelife.net

 

 

 

 

 

 

 


comment