2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


PAP_0657.JPG

 

 

 

 

ともだちがシェアしていたので、興味深く見てみた。

 

 

私は小学1〜2年生の時はロシア式で


3〜5年生の間でイギリス式→フランス式など


今思えば先生が色々試してくれていたのだと思う。

 

ロシア式の時は、私は近眼だったこともあり


わりといつも前の席だった。


私は担任の先生が好きだったので


一番前で話を聞けるのがうれしかった(笑)


後ろの席になると、まわりの友達とゴソゴソできる楽しさを知った。


そして、課題に取り組んでるとき


先生が後ろの席まで見に来てくれるのが、


なんか嬉しかった。

 

3年生になり、イギリス式になった時は


一気に人生の苦難が押し寄せてきた。


4人でグループを作るのだが


4人内で、身分差別やいじめが生まれて


私の性格では逃げ場がなかった。


初めは遊びで身分を作るんだけど(殿とか家来とか姫とか)


遊びのように見える巧妙さも身に着けているから始末が悪い。


あの時の体験のおかげで、


テレビのニュースでどんな凶悪犯罪が起こっても


私も立場や状況で同じことをする可能性がある、


それが人間だ。と思い知るようになった。

 

悪夢のイギリス式を経験して、次はフランス式を経験した。


やっと自由になれた。


なんて風通しが良いんだろう。


私はやっと、自分にも自分だけの主張があることがわかった。


席替えの運・不運もない。


みんなの顔が見える。


そしてひとりひとりの意見を平等に聞くことができる。


と、思っていた。


(そうでもないことが、最近になってやっと分かる)


その頃は5年生になって、別の悩みが生まれていたが


じきに転校することになった。

 

そして時間は一気にとび、大人になって


最近、Twitterの世界で色々発言してみた。


Twitterの世界は玉石混交だが、フランス式に似てるような気がした。


でもやってみて、どうやらそうでもないな、と分かった。


無責任な発言をしても匿名だし、いざとなったら逃げれる。


卑怯な人もいるんだな。


と思ったけど、どうやら違うことが分かった。


卑怯に見えた人は、自分の考えがまだ見えてないのに


いきなりマイクを持たせられ、


発言せざるを得なくなった状態の人に似ていた。

 

そしてふと思った、小学校の頃、いろんな方式を試せて

 

辛い時でも登校拒否にまでならなかったのは


先生に恵まれていたからだ。


私はたまたま、先生に恵まれていた。


どなたかのコメントで見たが


イギリス式は、リーダーを育成するのに効果があるらしい。


イギリス式が苦手だったのは、多分私が


リーダーになるのも、リーダーがいる組織にいるのも


苦手だからだろう。


そして、私は人前で歌うくらいだから


フランス式は生き生きするが、Twitterをやってみて


フランス式だと逃げ場がない人もいることが分かった。


私の性格は、ときに人を追いつめる。


こうなってくると、体験してないアメリカ式に期待がかかるが


どの方法でも合う人・合わない人がいるのだから


大人になった今でも、信頼できる国のリーダーが必要だ。


私の小学校の担任の先生くらいの、信頼感のあるリーダーが。

 

この席順の種類で、自分は今どれが楽かを見ることで


自分が今どんな状態か、占えるような気がする。


ちなみに今の私は、金曜日に楽しくライブで完全燃焼したので


日本式の、後ろの窓際の席で


外の景色を見ながらノートに落書きしていたい。

 

 

 

 

******ライブのお知らせ**************

 

 

◆5/3(木・祝)  大阪 高槻   「空にうたう」

時間 | 開場 13:00 / 開演 14:00

料金 | 未定

      

出演 | 中田真由美(vo.g)

       井波陽子(vo.pf.) feat.田中良太(per.)      

場所 | 入江運創店

       JR摂津富田駅(南口)すぐ。もしくは阪急富田駅から北へ徒歩3分。

       (JR摂津富田駅まで、大阪駅・京都駅とも所要時間約20分) 

ゴールデンウィークと言えばこの人、中田真由美さんを迎えて3回目の「空にうたう」です♪

ご予約は井波まで、お待ちしております!

***************************************

 

 

 

http://cuorelife.net


comment