2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


PAP_0117.JPG

 

 

 

 

 

(↑嬉しすぎて、まだ開封できない贈り物)

 

 

昨日、「男はつらいよ」の好きなシーンを思い出そうとして

 

あらすじをネットで調べたら出てきたのでメモっておこう!とブログの下書きページを使ったら・・

 

まちがって投稿してしまっていました☆

 

あちゃーーお恥ずかしい(笑)

 

どうして寅さんのことを思い出したかというと

 

〇福田事務次官のセクハラ疑惑があって、

 

〇麻生さんが「セクハラ罪という罪はない」と言って

 

〇(基本的には好きな)小林よしのりが「麻生は事実を言っただけ」とブログに書いてた

 

ということを受けて私がモヤ―としてしまい、

 

男の人っていうのは・・・そんな感じだったっけ?素敵な男性はどこへ行ったー!と思った時に

 

寅さんを思い出したのです。

 

「男はつらいよ 純情編」で寅さんはですね・・♪

 

(以下、あるページに上手にあらすじ書いてあったので転載させてもらいました♪)

 

***********************************************

 

港の桟橋で、これからどこへ行くか思案に暮れていると、赤ん坊をおぶった女(宮本信子)が目に入る。


軽く声をかけ、去ろうとする寅さんに、女は突然

 

「今晩泊まるための金を貸してほしい」と切り出す。

女は絹代と言った。

 

一緒に安宿に泊まる寅さんと絹代母子。

絹代は3年前に男と駆け落ち。その後、男がギャンブルと暴力に狂い、たまらず逃げ出してきたのだという。

絹代は借りたお金を体で払おうとするが、寅さんに厳しく諫められる。

 

************************************************

 

 

このシーンが、私は「男はつらいよ」の映画の中で、なぜか一番覚えてるシーンなのです。

 

「世の中はこういうものだ」と諦めたように体を売ろうとする若き宮本信子を

 

寅さんが厳しく諫めるのです、「自分にも妹がいる」と。

 

めっちゃ、じーーーーーんとするのですよ〜〜(涙)

 

これがメインストーリーではなくて、映画のとっかかりみたいなエピソードで、

 

こういう前提が当たり前にあってこその、「男はつらいよ」なわけで、

 

ストーリー以前に、映画が育つ大地が肥沃である、という証明でもありますよ〜(興奮してきた・涙)。

 

小林よしのりは、

 

「伊藤詩織さんを見よ!

 

セクハラどころかレイプの被害者として名乗り出て、戦っている!

 

だからわしは伊藤さんの主張を全面的に信じるのだ。 」

 

とブログに書いてはったけど、「お前が言うな」と思いました(言葉が悪くてすみません)。

 

寅さんなら、こんなセリフは言わないと思う。

 

被害者の人に「名乗り出ろ」という言葉を言って説得力あるとしたら、

 

この女性を一生守ろうと決めた人とか、家族とか・・この女性の人生に直接関わっていく人ではないかしらん。

 

それか、このセリフを言うならせめて女性、でも伊藤詩織さんのように現実に闘ってる人でないと、説得力ないと思う。

 

だから、小林よしのりの「被害者は名乗り出ろ」という意見は

 

「もし私がセクハラ受けたら、名乗り出ないといけないんだな。」

 

と、「私に」思わせるくらいの効果しかないと思う。

 

こういうニュースが出た場合、男性陣は「セクハラ?恥ずかしい!男の風上にも置けない。」と

 

まず、こういう態度をまず取ってもらわないと

 

あたしゃ困るよーーーーーー!

 

こないだ、痴漢の冤罪を晴らすドキュメンタリーを観たところなので、それもちらっと思い出したけど

 

冤罪を生む原因は検察のまったく意味不明な取り調べだったので、この問題とは別だと思ったのです。

 

・・・昨日の失敗のおかげで、またまた朝から長文を書いてしまいました〜お恥ずかしい。

 

今日はどうしても書きたいことが別にあったのです。

 

それは、「いわいあや子さんのNewアルバム『スポットライト』は素晴らしいよ〜!」

 

ということです♪♪

 

今私はこのアルバムで、寿命が延ばしているところです☆

 

相手の状態に合わせてちょうど良い温度で出されるお茶のような

 

そして、ほしい分だけ出してもらえるような

 

要するに「人肌の温かさ、病さえ治す」みたいな・・←?

 

なんというか、女の人っていいなあと思う。

 

女の敵は女じゃないよ〜と思える。ありがたいなあ。

 

今日は、昨日より少しだけ、良い日にしようと思ふ。

 

 

 

 

**** ライブのお知らせ *****

 

◆6/14(木) 北浜 雲州堂 「IORhythm 〜イオリズム〜」

 

時間 | 開場 18:30 / 開演 19:30

料金 | 投げ銭制

出演 | はるまつあるふゆ 、井波陽子

場所 | 雲州堂

       大阪市北区菅原町7-11

       TEL 06-6361-3903

 

 

http://cuorelife.net

 


comment