2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


昨日の夕方、梅田のブリーゼブリーゼに用事があったので久しぶりに来てみたら

 

開いてるお店もあるものの、ほとんどが改装中で

 

一階の広いところに臨時っぽい感じでお店が出ていました。

 

北欧雑貨とかリネンの洋服が並んでいたので見るともなしに見ていたら

 

ちょっと変わった感じの帽子もある。

 

試しに被ってみたら、いちばん興味なかった帽子が妙に・・似合ってるような気がする。

 

かぶると、顔が生き生きする(当社比)。

 

店員さんが寄ってくるわけでもなく「放し飼い」にしてくれるような空間だったので

 

鏡の前で被り方を色々研究していたら、私より年配のお洒落な男性店員さんがやってきて

 

「スウェーデンの作家の作品ですよ」

 

と言って去って行きました。

 

手鏡も使って全方向から確認して、久しぶりにご縁を感じる帽子だったので

 

さっきの店員さんのところへ行き、

 

「この帽子、後ろを前に被れたら嬉しいので、中のタグを取ったらここの縫い目も消えますよね?」

 

と聞いてみました(前後逆にかぶると縫い目が気になったのです)。

 

すると彼は「消えます。好きな向きで被れますよ。」と仰り

 

たったそれだけのやりとりですが、何か信頼できたので買うことにしました。

 

実はその日の昼間、ちょっとしたことがあり、とりあえず腹が立っていて

 

私は何に腹を立てているのか?敵は何だ?と考えていたのです。

 

敵が何なのか、ボワーン、と茫漠としていて

 

とりあえず真の敵が何なのか見極めないと・・と思っていて

 

ここでのやりとりは、その「敵」のイメージと「真逆」で、しかも私が戦うのに有効な何かが含まれていたのです。

 

まあ、初めてのお店で店員さん(店長さんぽかったけど)のことも何も知らないわけなんだけど、、、

 

私が彼から受け取ったのは自分の仕事に対する「責任感」のような気がする。

 

そうなると、私が怒っていた真の敵は「無責任」ってことかな?

 

まあまあ、当たってるような気がするぞ・・・

 

そして、「戦うのに有効な何か」とは、とりあえず「お洒落な感じ」なのかな?

 

美人が台無し(当社比)になるような怒り方は有効ではない、ということか。

 

冷静に考えつつ、お気に入り帽子を被ってライブの準備がんばろう〜〜♪

 

 

 

 

 

*** ライブのお知らせ ***

 

 

◆10/9 (火)   京都   モダンタイムス  

 

 

時間 | 未定

料金 | ご予約 2000yen 当日 2500yen(+1ドリンク)

出演 | 井波陽子 (Vo,Pf)&熊澤洋子(vln.cho)、市村順平、他未定

場所 |  モダンタイムス

         京都市中京区木屋町三条上がるエンパイヤビルB1

         TEL  075-212-8385         

                       地図はこちら→        

                       京都市営地下鉄東西線 京都市役所前駅より徒歩3分        

                       京阪電鉄 三条駅より徒歩6分        

                       阪急電鉄 河原町駅より徒歩10分

 

***************************************

 

◆11/17 (土)   福岡    DELSOL Cafe   

 

時間 | 未定

料金 | 未定

出演 | 井波陽子 (Vo,Pf)&熊澤洋子(vln.cho)

場所 |  DELSOL Cafe

         福岡県北九州市八幡東区前田3-10-26

         TEL  093-662-2013

 

 

 

 

http://cuorelife.net

 

 


comment